プロフィール

草薙直也

Author:草薙直也
FC2ブログへようこそ!

リトルバスターズ!

TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト

ブログ妖精ココロ

ぷよぴたっ!

pixiv

手書きぶろぐ

グーバーウォーク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

今年プレイした中で一番かも(≧∇≦*)

※東京ザナドゥの重大なネタバレを含むのでもしプレイしてる人がいたら気を付けてください。







東京ザナドゥ・・・ついにクリアしました
7話で終わりかなぁ・・・とか思ってたら最終話があり、最終話で終わりかと思ったらエピローグでさらにもう一話があって連日夜更かししてプレイしてしまいましたね
序盤から王道な・・・もはやベタともいう展開で進んでいたストーリーですが・・・

俺は大好きです!(笑)

終盤はある先生が黒幕なんじゃないかなぁ・・・って感じになりその辺もお約束な展開だぜ・・・とか思ってたらやっぱり違ったり、同級生が実は教会っぽいどっかの組織の騎士だったりと期待を裏切らないお話でした(≧∇≦*)

そして最終話・・・途中から何となく気づいていましたが今回の元凶といえるラスボスは・・・幼馴染の女の子・倉敷栞
主人公が住んでいる東亰は10年前に大きな災害(大規模な異界化)が起きていたんですが、その災害に巻き込まれ街を一緒に逃げていた洸と栞は倒れてきた瓦礫に潰されそうになり・・・洸を庇って栞は下敷きとなりその怪我がもとで命を落としていました。
栞は洸を救うことができて心残りはなく、そのまま生を終えようとしていた時に洸の泣け叫ぶ姿、死の寸前に聞いた「あの時、手を離されければ―」という言葉を聞き、このまま洸が罪の意識で壊れていってしまうのを悟ります・・・。

幼い洸の心が壊れていってしまうのを恐れた栞は「全部、嘘でありますように」と願い・・・それの願いを10年前の東亰冥災の元凶である夕闇ノ使徒が聞き届け栞の想いと融合・・・夕闇ノ使徒の力である「因果を操作する力」で「倉敷栞の死」をなかったことにしたわけですが・・・その嘘は主人公の住んでいる街・杜宮でしか作用していなかったようです。
それがこの10年で急速に発達したNIRA(現実世界のスマートフォンみたいなもの)等のネットワークで外界とのつながりも増えてきて、「倉敷栞が生きている」という大きな齟齬が境界のズレを引き起こし今回の異界化が頻発する原因でした。
それを無くすために全世界の因果を操作しようとする栞と、栞の気持ちは痛いほどわかるがそんな事は見過ごせないと愛剣・エクセリオン・ハーツを抜く戦闘面でのヒロイン・柊明日香。

そんな二人に「俺を無視して話をすすめてんじゃねぇよ、アホたれ」と、大切なものを守るために闘うと決めた洸ですが、その最後の相手が一番大切な幼馴染とは・・・つらいですが、これも王道ですね!(←

「今度こそ、絶対この手を離さねぇ!!」

ラスボス戦は8人全員で闘う総力戦でしたが、今までやりこみ要素とかで準備を整えておいたせいかとくに苦戦することはなく勝利(笑)
最終戦だということなので回復アイテムなども使ってごり押しして楽に倒せましたね(爆)
戦闘後、落ちて行く栞を追いかけて自分も落ちて行く洸・・・しかし気が付くと膝枕されてるとかどういう状況なんだよ!?、と思わずツッコンじゃいましたね←
これでハッピーエンドかと思いきや、やはり栞は『嘘』を消すために、と消えてしまい・・・洸も気落ちしますが、明日香との帰り道、レンガ小路でふと親子に目を向けると・・・女の子の顔は栞にそっくりでした。
手を振り、笑顔で去っていく女の子の背中を見送りながら「またね、コウちゃん」・・・栞の最後の言葉を思い出しいつまでもヘコんでたらあいつに笑われちまう、と立ち直ろうとする洸であった。

・・・・・・・・いや、良いエンディングだったんだけど正直、洸と栞にはちゃんと幸せになって欲しかったというか・・・ちょっと残念・・・とか思ってたら
トゥルーエンドの道が開かれました

まだ終わらなかったΣ( ̄□ ̄;)


この時点で夜中の1時くらいだったんですが、このままでは寝れないと思ったので一気にエピローグもクリアしましたよっ!
ふぅ・・・だいぶ長くなったので今回のブログはこの辺で終わりますが、最後の最後は本当の意味でハッピーエンドでいした
東京ザナドゥ・・・ホントに良いゲームだと思いました(≧∇≦*)

『プレシアの一言』
「ゲームで夜更かしとか・・・」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tabearukinikki.blog35.fc2.com/tb.php/2637-1c5be230

 BLOG TOP